2019年04月28日

旅行日誌: 沖縄 久米島 その4

前回はこちら

さて非常に良い天気の中、この日はハテの浜へ向かいました。
ツアーを企画している会社が、朝ホテルの前まで迎えに来てくださいました。せっかくということで、一日中ハテの浜にいるコースを予約しました。お弁当付きで、料金もお手頃でしたので助かりました。

IMG_9195.JPG
なんとグラスボートでハテの浜まで移動です!
グラスボートって、みなさんご存知ですか?船の底がガラスになっていて海の綺麗な沖縄では、コバルトブルーの海の中の魚たちを見ることができます。船なので必ず座れますし、船酔いさえしなければ何より綺麗なのでかなり休めるます(笑)オススメです。本島に旅行に行った時でも、だいたいグラスボートには乗ります。JTBなどで予約すると、割引乗船が効いたりするのでさらにいいですよ。

それでは美しい久米島の海をご覧いただきましょう。準備はいいですか?
IMG_9192.JPG
どうですか? 今まで私の中では、ハワイが一番きれいな海というランク付けでしたが、それのはるか上を行ってしまっているような。。。コバルトブルーというより、もはやエメラルドグリーンです(笑)
なんといったらいいのか。もはや笑ってしまいます。写真でこれですから、みなさん現場にいったらもっと感動することと思います(笑)

IMG_9225.JPG
ハテの浜に着きました。安全上、遊泳の際はライフベストの着用が必須です。
砂浜ときれいな海が合いますよね。もう、思う存分、ずーーっと海に浮いたり、遊んだりしていました。海に浮くだけでも嫌なことすべて忘れて飛んでいきます。
シュノーケリングですが、正直海がきれいすぎてシュノーケリングの機材がなくとも、普通に上から見えます(笑) とにかく疲れがとれますよ。
あ、どれもiPhoneでとった写真で、フィルター加工などはしてませんからね。(容量を圧迫しないように、一部縮小した写真があるのと、署名をいれただけです。)

IMG_9221.JPG

いわゆるお弁当ですが、スパムなども入っていて、少し沖縄風のお弁当でした。"いわゆる"雰囲気がすると思いますが、素直においしかったですよ。

IMG_9323.JPG

久米島といえば、琉球泡盛の久米の久米仙のほか、もずくが盛んだそうです。うちの冷蔵庫にはもずくは季節を問わず常備してあります(笑) 沖縄県産としか書かれていませんが、詳しくは久米島産なのかな。もずくの栽培に関しても島人の方が紹介してくださいました。

こんなにも一日中海で遊んだは、かなり久しぶりでした。宿泊先のホテル 久米アイランドにはプールがあるので、海でガッツり遊んだ後はプールでも遊びます。相当アクティブな一日でした。

IMG_9335.JPG
部屋に戻りシャワーを浴びたら、ツアーのオマケであるウェルカムドリンク券を使い、ハイビスカスティーをいただきました。
夕食の時間まで余裕があるので、今度は外に出歩いて散策します。よく考えてみれば、おそるべし体力(笑)
近くのドラックストアでまたブルーシールを買って食べたり、サーターアンダギーをスーパーで買って食べました。

IMG_9339.JPG
夕食では、マース煮をいただきました。「お時間15分以上かかりますが大丈夫ですか?」と聞かれましたが、夜ということもありやたらと時間には余裕があったので待っていました(笑) 待った甲斐あり、これすごいおいしかったです(^^)
初めて沖縄に来た時に、魚料理と聞いて「熱帯魚でしょ」と思っていたら、これが相当ウマい!それ以来、沖縄に来て魚を食べない旅は一度もありません(笑)
ビタローなどあまり聞かない魚(スズキ科フエダイの仲間だそう。釣りとかしないので詳しくなくてすいません^^;)も、沖縄らしい調理法で最高においしいです。恐らくみなさん沖縄に行ったらお魚も召し上がると思いますが、もしまだだという方は次回絶対に食べてみてください! おすすめの店、内緒で教えますよ。(といっても場所に偏りがありますがw)

それではまた。次回は最終日編 前半です。記事かいてたら、即沖縄行きたくなってきたなぁ(笑)
posted by RUTE at 08:00| Comment(0) | FLIGHT LOG BOOK (旅行日記)

2019年04月25日

旅行日誌: 沖縄 久米島 その3

前回はこちら

IMG_9130.JPG
ボンバルディア DHC-8-Q400CCでのフライトでしたので、搭乗人数も少なく、バゲージクレームでは荷物をすんなり引き取ることができました。
那覇便だと受け取りに時間がかかるので、そういう点では時間効率がいいのでしょうか。

さて久米島空港についてからまずホテルの方へ移動します。

石垣島、本島であればレンタカーが必須となりますが、久米島は町営バスが通ってますので、余程でない限り必要ないかなと感じます。
いくつかのホテルの前に着けてくれるので本当にレンタカーいらずだと思います。
さらにこのバス、飛行機の時間に合わせて運行しているので非常に便利です。

IMG_9134.jpg
このデザインは、なんとスタジオジブリの宮崎駿監督が書かれたそうです。(動画から切り出した写真しかなく恐縮です。)

難なくバスに乗っていましたら途中で急にバスが止まりまして。それが、エネオスの前だったんですよ。バス停があるのだろうなと思っていたら、ドアは開かないし、お客さんは乗りも降りもしない。
なんと給油をはじめたのです(笑) 普段あまりバスには乗りませんので、バスに乗ったままバスの給油とは初体験で新鮮でした(笑)
まあ確かに、道中にあるならそこで入れていってしまった方が効率がよいですよね。

数十分ほどの旅を経て、ホテルに到着です。

IMG_9161.JPG
こんなに綺麗な夕日が迎え入れてくれました。明日はいよいよハテの浜へ。晴れてくれよ!
posted by RUTE at 08:00| Comment(0) | FLIGHT LOG BOOK (旅行日記)

2019年04月22日

松山空港: お知らせ

こんにちは。

かねてから制作を続けているRJOM 松山空港ですが、現在テストのフェーズに入っております。
いろいろとテストをしていく中で、水面下の100の問題が浮かび上がってくるものであります。と、この言葉はルマンのトヨタの人の話ですが(笑)

後手に回すと深刻な問題にならないよう、ここで一度テストをしています。
何名かの方にテストをお願いしています。よろしくお願いします!

テストをしているということは、ここでひと段落ついたということです。Prepar3d v4が今の私のメインシムですので、P3DのSDKは一切使用していませんが、一応おかしくならないように調整をしました。ただし、RJOMはFSX専用 シーナリーということになっていますので、そこのところよろしくお願いします(笑)

rjom_p32.jpg

rjom_p31.jpg


なお、私はX-Plane11も所有しており、世の中にはFSXのシーナリーをコンバートするソフトもあるみたいですが、これに関してはお断りをします。やるなら私がX-Plane用シーナリーとして再度作成しますので、一般公開後は、たとえ個人使用であったとしてもおやめいただきますようお願いします。
サポート、権利の関係、およびFSX/P3Dをもっと盛り上げるために制作をしているという目的のため、ご理解賜りますようお願い申し上げます。。。(大事なことなので先に言っておきます。)



でお知らせというのはこのことではなく、しばらくシーナリー作成をお休みするということです。
これは、まったく悪い意味ではないのです。楽しすぎるんですよ(笑)
今後の記事でこの話は出てきますが、P3Dでグランドポリゴンを被せたところ、誘導路灯(BGLライト(=エフェクトではないライト))が消失してしまったんです。

こういった問題が出たとき、「どうしてだろうなー。」と原因究明をし、いろいろ試行錯誤していくんですが、時には1カ月近くそれをしているときもあります。大体FSDeveloperか、FSMUSEUMでリンクさせていただいているHPやブログが参考になっているのですが、BGLライトの件に関しては、同じ現象になった方がいらっしゃらなかったみたいで(^_^;)

しかし長いこと問題解決に取り組んでいると、道は開けるもんです。これが何より楽しいです。嬉しさのあまり、しばしは椅子から跳ね上がるくらいです(笑)
すると何が起きるか。フライトできなくなるんです。

その上最近は一眼を買ったり、またその関係で、ヒコーキ写真サイトを立ち上げたいというタスクが増えました。
沖縄旅行の日記も完結しておらず大変恐縮であります。関西についても日記を書きたいんです。

SODEのJetwayを制作して以来、ずっと松山空港のシーナリー作成だけになっていたような気がします。その間にいろいろあって、タスクが溜まりに溜まってしまいました(笑)すこし没頭しすぎましたね(笑)

従いまして、シーナリーに充てる時間を、他の溜めたタスクに割り当てようと思います。
それをしている間、シーナリーへのアイデアを考えたり、脳内ミーティングをして、再開後スムーズに取り掛かれるようになればと思います!さらにエネルギーも充電しておきます。体力使うので(笑)

次は、航空貨物棟、空港北側を制作します。あとは建物を作っていくだけの作業ですし、問題ははるかに少なくなると思います。
もしかしたら、BlenderやGmaxを練習がてら使うという挑戦をするかもしれません。

それと、完全に何もしなわけではなく、テストの問題点を洗ったりしたいなと思っています。余裕があるときには少しは進めるかもしれません。しかしながらこれまでののペース程ではない、ということです。


なお、今までに書き溜めたシーナリー制作日記や新設の写真展示サイトを、この間お楽しみいただければと思います。
ANA Cargo JA771Fのリペイントも完成させたいです。
本ペースに戻るのは6月以降だと思います。

ここまで作ったのに完成まで私自身が松山空港にフライトできないのは少し退屈です。なので何回もフライトをしたいと思います(笑)そこで思ったことを今後にフィードバックしたいなと考えています。

おそらく楽しみになさっておられる方もいらっしゃると思いますので、最後までやり切りたいと思います。
またシーナリー作成経験者の方は、テストにご参加いただけますので、ご自分のサイト名を記載の上、そのサイトの問い合わせメールアドレスにてメールをしていただければ対応します。(本人確認のため、HPに掲示してあるものに限る)
必ずしもではないのでその点はご了承下さい。

それではまた!
posted by RUTE at 08:00| Comment(0) | シーナリー制作日記

2019年04月19日

松山空港: シーナリー進捗状況15

こんにちは。
前回、「素材集めでとった写真からテクスチャに使える部分を抽出する方法」についてお話すると言っていましたので、今回はそれです。

テクスチャは、制作者さんが、PhotoshopやGIMPなどで描いたものを使用するのが一般的です。写真か抽出すると、周囲の風景に比べて不自然になったり、やたらと暗く見えてしまったりします。
しかしながら、一人でテクスチャを一枚一枚書いていくのは本当にしんどいです。できる限り素材があるならそれを使ってみようということで、グランドポリゴンから一部テクスチャに写真から抽出したものを使用しはじめてみました。
明度や色温度を調整すれば、意外と使い物になるもんですよ。

このことは今後記事にしますが、今春少しばかり用事で関西に出向いたときに飛行機を利用しまして、そこで松山の素材集めをしていました。


それでは具体的に見ていきます。例えば、ターミナル側の排水溝です。
rjom15_1.JPG

こんな感じですが、実はこれ、機内からとったこんな写真が元になっています。
rjom15_2.JPG

しかし普通は、こんな端っこ、使いものにならないと思いますよね(笑) 実は、排水溝を写真の中央にピッタリと捉えた写真は、あいにくボケていまして、使い物にならなそうだったんです。私も「こんな端だったら無理だな」と思いましたが、意外と気合いでけるもんです。この写真は角度の関係から完全に曲がってしまっていますが、が、大丈夫です!(笑)

まずGIMPで当該写真をインポートします。iPhoneでとった写真はおそらく最初に回転させるかと聞かれますので、基本的には回転させます。

rjom15_3.JPG
インポートしたら、まずは不要な部分は切り取ってしまいます。

rjom15_4.JPG
次に、剪断変形を行います。斜めになっている写真をそのまま使うのは不自然ですので、いかにも真上から撮影したかのように細工をします。

rjom15_5.JPG
こんな感じで剪断(平行四辺形)変形をします。ちょうど画像の縁の縦が垂線ですので、剪断変形のときの参考にします。今回は+695の剪断変形です。
ここで注意なのですが剪断によって、画質は多少落ちます。真上からとってもない写真を真上から見せたように細工をするということは、本来存在しないピクセルをうまいこと補間しなければなりません。

剪断変形によってフレームを少しはみ出てしまったので、このままEnterもどこも押さずに、移動をクリックすると、そのまま上下左右に画像を動かせます。
rjom15_6.JPG

rjom15_7.JPG
こんな感じでそうでしょうか。排水溝の真上にいるような写真に細工できました。

rjom15_8.JPG
先ほどと同じやり方で、使えそうな部分を切り出しています。

rjom15_9.JPG
さて、ここからが本番です。ツールで「遠近法」を選びます。ちなみに先ほどの剪断変形、元となる写真が傾いていなければやらずにこの遠近法からはじめても結構です。

rjom15_10.JPG
ここからは気合い勝負です。キャンバスのフレームを利用して、斜めっている画像を、水平・垂直方向にピッタリ合うように遠近法で部分的に伸ばしたり、縮めたりします。最終的に真上から撮ったかのように見せる加工をします。
調整には上下4つの四角を動かして調整します。センターがずれてきたら真ん中の四角を利用します。うまくいくときはうまくいきますが、画像によっては平面的にするのが非常に難しく、かなり調整に時間を取られることもあります。
コツとしては、遠近法を使う前に、できる限り使う部分のみを切り出して、要らない部分をトリミングすることです。画像が無駄に大きいと、遠近法による調整が異常に難しくなります。最初にも言いましたが、キャンバスのフレームを参考に水平・垂直をキレイに合わせることもコツのひとつです。

こんな感じでどうでしょうか。
rjom15_11.JPG
いらない部分を切り出すために、拡大縮小をします。次の次の作業でやるように、キャンバスサイズの変更によって切り出してもいいです。ここら辺は、みなさんのGIMPの使いこなしどころです(笑)作業上の決まりは特にありません。

rjom15_12.JPG
こうなった場合は、キャンバスサイズの変更を行います。だんだんGIMP講座になってきたような気がするんですが(笑)

rjom15_13.JPG
最後に右にやたらと不要な部分があるので、キャンバスサイズの変更をします。「選択範囲で画像を切り抜き」でトリミングしてもいいと思います。

rjom15_14.JPG
できた画像はこんな感じです。2の累乗にリサイズすれば、DDSでFSでも使えるようになります。
とはいえ、元となるあの画像から取り出したんですよ、これ。普通では考えられなくないですか??(笑)
さすが最近のペイントソフト、素晴らしいです(^^)

立体を抽出するのは流石に無理がありますが、平面を抽出するのには結構使えます。


次に、画像から地面テクスチャを作ってみましょう。これは上の排水溝よりもとっぽど簡単です。
また同じ写真を用います。上のものを見ていただければわかる通り、エプロンの舗装もきっちり映っていますので、そこを使ってエプロンのテクスチャを制作してみます。

またGIMPにインポートします。上の排水溝と同じ手順で、「遠近法」や「剪断変形」を使い真上から見たような図を作ります。
排水溝と違い、今度は写真の真ん中に捉えられているので、今回は変形の必要はないと考えました。
rjom15_15.JPG

しかし、このままのテクスチャをSketchupで使うとこのように不自然になってしまいます。
rjom15_16.JPG
テクスチャの端がきっちりと見える状態です。
このつなぎ目をなくす作業はなんとGIMP上で行うことができます。ちなみにこの作業をペイント業界では、「シームレス化する」と言うそうです。コレ、かなりすごいですよ(笑)

Filters > Map > Tile Seamless... を選択すると、このようにシームレス化ができます。
rjom15_18.JPG

シームレス処理を行った画像を再びSketchupに貼り付けてみました。
rjom15_17.JPG
だいぶ綺麗に貼り付いていると思います。素直に見れば、ほぼ問題ないでしょう。ただし貼り付ける際に、やたらと細かく小さく貼り付けたりすると不自然になるのでそこら辺も含めて、少しテクニックが必要です。


テクスチャを使用していく方が、夜間テクスチャや細かな加工をしていく上でもメリットが多いです。
しかしながら比較的時間がかかってしまうというデメリットもあります。

すべて写真でできたシーナリーはむしろ不自然になってしまうことが多いので、はりきってオススメはできませんが、部分的に写真からテクスチャを使っていくのもいいと思います。
もし写真から流用してみようと思っている場合は、この記事を参考にされてみてください。制作の幅が広がりますよ!というか、広がれば幸いです。

それではまた。
posted by RUTE at 08:00| Comment(0) | シーナリー制作日記

2019年04月09日

Prepar3d v4.5 リリース!

こんばんは。

いつも私はこういった情報には疎く、皆さんのお知らせを小耳にはさんでようやく知ると行く感じなのですが、今回は割と早い段階で知ることができました。
ちょっとしたシーナリーのリファレンス漁りで、今日は珍しく何度かLMのサイトを訪れていたのですが(笑)

Prepar3D v4.5がリリースされました。
おそらく私は、来週以降にインストールすると思います。そういえば、なぜかActive Skyが、4/6に突如アップデートを出していたのでなんのこっちゃこのOPEN BATAは?と思っていたのですが、このことだったんですね。

v4.4では、(私はP3Dの問題というよりWindowsの問題だと思っていますが)黒くちらついたりしていたのでそのあたりが治っていると嬉しいですね。PBRはFPSアタックもできるだけ抑えたうえで、ものすごくリアルな映像体験を提供してくれますよね。この感じでさらなるグラフィックの向上を実現してほしいです。個人的には、デフォルトのシーナリーかな。(笑)

ちらっと見た感じ気になる新機能は、ラダーとティラーを完全に分離させる設定が付いたみたいです!
素晴らしい!この件、ものすごく気になっていたんですよ。私は自分でティラーハンドルのアドオンを作っていますから、さらにリアリティのあるラダーワークを実現できそうですね。(FSX時代から、ティラーとラダーのコマンドは分かれていたんですよ。なぜか強制で一体化されていたんですw)
ただSDKからのサポートみたいなので、自分で選べたりするかはまだ分かりません。

みなさんアップデートされたらいろいろ聞かせてくださいね。私はもう少しあとにやります。
とは裏腹に、v4.5まで来たということは、そろそろマイナーチェンジも終わってくるのでしょうかね。v5ではどんな営業戦略で私たちの財布から抜くんでしょうか(笑)気になります。

それではまた。

2019年04月07日

もうすぐ新しい年代ですね: 事務連絡です

こんばんは。

暖かいところでは、桜が満開を迎えていますね。内陸ではもうすこしで満開になりそうですね。
みなさんは、桜の木の下で一杯やられましたか?(笑) 私はあいにくビール嫌いなので、焼酎や日本酒で行きたいです(^_^;)


さて、新元号は「令和」ですって。万葉集からとったという、新たな試みもいいと思います。西暦でいいだろうなんて思っていた時期もありますが、やはり日本の文化を全国民で味わうというのはとても素敵なことだと感じました。これが数千年前の人々から、ずっと受け継がれていると思うと何だか不思議な気持ちになりますね。日本人の几帳面さの賜物だと思います。

武士の人にフライトシミュレータをやらせたら、どんな反応をしたでしょうかね(笑)
↑無理矢理FSに結び付けますw

ついこの前、「ちはらふゆ -結び-」をTVで見ました。初めて見たのですが、面白い!広瀬すずさんにピッタリな配役と思いますよ。上白石萌音さんは萌歌さんの姉なんですね。「義母と娘のブルース」の。前もこのドラマの話をしたと思いますが(笑)
前の録画を引っ張り出して上の句から見始めています。ちょっと私の中でかるたブームになっています。

日本の文化を話題にしたタイムリーな映画をみてハマったと同時に、年号が変わるという...
日本についてもっと知りたくなってきます。

でそんなこんなで朝ドラ「なつぞら」も録画するか、朝時間がある日は見ています。今は登場人物の種まきの段階ですから、皆さんも見るなら今のうちですよ!


さて、ここ最近は、航空ニュースが多すぎると思います。
まず @下地島空港に旅客便が就航しましたね。国際線、国内線ともに数便が運航しているみたいです。名称は「みやこ下地島空港」だそうです。それにしてもドメインがshimochijima.jpなのはいかがと思います。せめてairportくらいはつけません?

私はもっと後のことだと勝手に勘違いしていたんですけどね。2019/03/31、JALがシアトル線を開設した日に開港したみたいです。
そうそう、シアトルで思い出しましたが、イチロー選手が引退されるそうですね。ANAの計らいで51番ゲートから出発されていったとか。
私は勝手に勘違いをして「羽田の51は国内線だろ!」とキレていましたが、そりゃそうです成田ですよね成田(笑)

私も沖縄は大好きですし、盛り上げてほしいのですが、個人的には美しい海や山を守りつつ開発をしてもらいたいところです。
それと沖縄の人たちが望まないことはしないということです。きっと海外の外資ファンド太郎が狙っていると思うのですが、平和記念公園へ行った私は、「このような惨劇を乗り越えた沖縄を知らずして、沖縄の自然や人に思いを寄せるべきではない」と考えています。マジメかという感じがしますが、これは結構マジです。

私は生まれてこの方戦争には一切無縁の生活をしてきましたが、当時の記録を私は決して忘れてはいけないのだと感じています。守るものは守る、売るものはうまく売って儲けるのが生きるためには必要なんだと思いますね。

いつかは我慢できなくなって言いたくなると思うので今のうちに言っておきます(笑)

AANAに新機種たちが納品
A380、フライングホヌが到着したそうですね。そしてテストフライトで関空に飛んだそうです。A380やA350などは有名なアドオンをあまり聞きませんが、日本はエアバスの顔ぶれも富んできそうですね。(飛行機だけに)

また昨日、2019/04/05、BANAが787-10を受領したそうです。Quality WingsもHotfix 1.1.3でかなり良くなってきたと思いますし、10の超長胴型のフライトも楽しみたいですね。
777は、あと何年飛ぶのでしょうか。とうとうこの春から、東京−広島線を降りましたね。私もそろそろ787のほうへ乗り換えていきましょうか。

またFS関連ですが、私のHPでもリンクさせていただいている飛想会のとのちゃんさんが引退をされるそうです。
本当にお疲れさまでした。FSMUSEUMやこのブログにもぜひ遊びにいらしてください(^^)


さて次はFSMUSEUMに関するニュースです。

まず@とうとうカメラを買いました。 また別記事で詳しく書きたいと思います。これに伴い、Aヒコーキ写真を楽しむFSMUSEUMの別館を開館します。
実はこの4月1日から開館しようと思っていたのですが、松山の件で壁にぶち当たったのと、新年度が始まるということでバタバタしてしまいましたので、令和元年に開館しようということで調整しています。

壁にぶち当たったのは松山のグランドポリゴンで、夜間一部分を明るくさせようということで試行錯誤していたのですが、GP Wizardを使うとどうも透過テクスチャの処理がうまくいかないらしく、停滞していました。
これに関しては、師匠方にアドバイスをいただこうと思いましたが、とりあえず何とかしてみました。色味や明るさも頑張って調整したいですね。
fsx_rjom_ground_picture2.jpg

昼はこんな感じで透過されています。
fsx_rjom_ground_picture1.jpg

またこの件は進捗状況にしますね。実は一つ進捗状況を記事にし終えているのですが、まず「傾いている写真からどうやって一つのテクスチャを切り出すのか」というのを説明すると前回銘打ってしまったので、そのあと当該書き終えたき記事を公開しようと思っています。そのあとこのグランドポリゴンと透過テクスチャの話をしたいと思っています。

それとその他にもHDD増設の話や関西遠征の話などいろいろ書きます詐欺をしていますね(笑)
ゆっくりやらせてくださいね。最近は軒並みアクセス数も増えました。あまり気にしてなかったのですが、やはり見ていただいている分、日常生活に支障が出ない範囲ではありますが頑張ろうと思います。

備忘録でリストアップしておきます。
松山空港: シーナリー進捗状況 その15 (傾いた写真の中からテクスチャに使えるようなパーツを切り出す)
・松山空港: シーナリー進捗状況 その16 (書き終わっているが未公開のやつ)
・松山空港: シーナリー進捗状況 その17 (グランドポリゴンと透過テクスチャ)
・ヒコーキを撮るカメラを買った!
・HDD増設記
・関西遠征 その1

久米島の旅行日記も完結していないので、関西より先に完結させようと思います。

それではまた!
新年度、無理をなさらずに、私もおつまみ感覚で頑張ります(笑)

posted by RUTE at 08:00| Comment(0) | 雑談