2019年08月12日

松山空港: シーナリー進捗状況18

こんにちは。

マジメに記事を書くのも久しぶりですが、何よりシーナリー制作日記を書くのはものすごく久しぶりです。
前回、グランドポリゴンと空港のはたらく車、エプロンライトなどを制作していました。これが随分と苦戦しまくり、色々と勉強になった分、非常に体力を消耗してしまいました。

ちょうど私も多忙な時期に重なり、4月以降停滞しておりましたが、6月よりボチボチ再開し、この7月後半と8月のお盆で航空貨物棟が完成しました。

rjom_cargo_8.jpg
今回は久しぶりということで、出血大サービス、画像てんこ盛りで行きます(笑)

本編で、Chase Planeのレビューをしましたが、やはりいいですね。このソフトのおかげで、このような絵もスクショしやすくなりました! 特にプロペラ機はエンジンの振動がガタガタと伝わってくるので最高に盛り上げてくれます。
やりすぎると酔うんですが... (笑) 強いて言うなら、エンジン停止後はエンジンのガタガタも止まってほしいですね。(もしかしたら私がマニュアルを読み込んでないだけかもしれません。)

rjom_cargo_9.jpg

rjom_cargo_10.jpg

出来具合はこんな感じです。今回はテクスチャでできる限り立体的にすることで、モデリングを簡素化しています。特に、ターミナルと違って、隅々まで近づく機会は少ない(?)と思いますので、雰囲気・存在感重視で行ってみました。
意図的に手を抜いたつもりはないのですが、いかんせん見えない部分が多いエリアですので、結構雑な部分もあるかも知れません。愛媛、松山と言ったらこれだよねーなんてものが入ってなかったりするかも知れません。

にしても、写真、いいでしょう? Chase Planeのおかげです。小型機も視点登録がシムを起動したままできるので超楽楽です(^^)

rjom_cargo_12.jpg

こちら側からみると、こんな感じ。Autogenの設定をミスってまして、現状空港周辺にはAutogenの建物が生えていない状況です。リリースまでには必ず修正します。すでに修正方法も教授していただきました。ただ個人的には、帝人の工場がないと雰囲気が全くでない場所なのでは、と少々不安になっています。ヒコーキ写真などで拝見すると、松山は松山の雰囲気をかなり強めに醸し出しており、これを出せるか... 雰囲気も含めての完全完成には、長い時間がかかるかもしれません。松山行きたいのですが、夏の旅行は決まってしまったので... 道後温泉行きたいですね。

rjom_cargo_13.jpg

rjom_cargo_14.jpg

夜なのですが、もう少し窓の色味が統一できればと思いました。あまり意識せずに制作したのと、最近MacBookProにGIMP2を入れまして、フライトしながらテクスチャだけ作ったりしていて、データがあっちこっち行き来してしまったというのもあります。気になったら修正します。有料シーナリーであったら少し怒られるかも?(笑)
そんなこんなで、結構作業スピード重視になっています。ただ、見た目的にはそう感じ取れないかもしれませんが、意図的に妥協した部分はありません。基本的に納得が行ってから自分でGoサインを出してます(笑) 要するに私の限界なんてこんなものです。特に画力がないのが辛いです。私にはリペインターになる才能はないと感じています(^^;) リペインターの方、才能ありすぎ!

rjom_cargo_15.jpg
別のアングルから。結構見えないところが多く、資料のご提供お待ち申し上げております。

rjom_cargo_16.jpg
と、フライトしていたら。

rjom_cargo_17.jpg
なんと、ボンQじゃないですか! いるんですね。全く知りませんでした!
FSXの方なのでなんでしょう、そうか、一度アンインストールして再インストールしなおしたので、きっとUTLが表示させてるんでしょうね。(暗くて見づらく恐縮です...)
しかしUTLもいろいろ入っているものですね。最近は自己構築させる方のほうが多いですかね?

rjom_cargo_18.jpg
正面の夜間です。色が違うのはご愛敬で。

rjom_cargo_7.JPG
余談ですが、今回はこんな感じで、透過テクスチャをふんだんに使用しています。だんだんこなれて来たので、習得した技術はフルに生かしています。メインターミナルもいつかは高効率に動くように、根から手を加えたいと思っています。
メインターミナルやグランドポリゴンは、bglが1,000KB超えていたのですが、今回はテクスチャに頼ったのもあり、bgl自体はたったの249KB。素人にしてはいい数字だと思います。

テクスチャを作るときにしっかりと夜間テクスチャまでやっていたこともあり、かかった時間を考えれば、個人的には高効率で行けたんじゃないかと思います。

これでこのまま、小さな建物をまとめて作っていきます。ペースを上げて、第1次竣工を終えたいです。14側の消防署らしき建物まで完成したら、またテストをお願いするかもしれません。Twitterのフォロワーさんなんかでも、急にDMが飛ぶかもしれませんが、その際はお手柔らかにお願い申し上げます。

久しぶりということもあり、文章多め、写真多めではりきってしまいました。ふふふ。
ところで、この航空貨物棟でまた問題が発生しまして... Twitterではツイしたのですが、この航空貨物棟を入れるとシミュレータで読み込めなくなる事件が発生しまして。原因は、上の写真の赤色の「航空貨物」の文字、2×2のテクスチャを貼っていたんです。特に凝ることもないし、軽いほうがいいだろうと思い、2×2のテクスチャでループさせるようにしていたんですが、まさかのこれが原因。モーホントイヤ。

そうそう簡単には分からないですよこれ。Windows10のアップデートでModel Converter Xの挙動が変わってしまったのか?とか、FSX再インストールしてSDKがおかしくなったか?とか座標軸をかえたらうまくいくのか?とか、本当に悩ました。
たったの数時間だけですが(笑)

きっかけは、松山から一番近いRJOI (岩国基地)からラプター転がして松山の様子を見に行ったんです。
というのも、松山からスタートさせるとロードできずに終わるのに、離れた空港からなら何の問題もなく飛行開始できたのでです。この時点で、scenery.cfgやシェダーが原因じゃないことはわかりました。

で、不思議だったのが、松山に近づいても、空港のテクスチャが一部ロードされなかったんですよ。しかしながら航空貨物棟はしっかりと表示されていて、逆にエプロンライトのテクスチャが剥がれる始末。グランドポリゴンも一部剥がれたりしていました。もうこの時点で頭の中に?が数十個ありました。

で、航空貨物棟のbglを抜くとちゃんと動くので、これに原因ありと思い色々試した中で... この「航空貨物」の文字の部分だけ真っ黒にテクスチャが剥がれていたんです。で、それに目をつけて、原因解明できました。

こんな感じで。シーナリー作成で大変なことは、経験を積むことです。正直、モデリングをしたり、テクスチャを作成したりすること自体は、私くらいのクオリティなら誰でもできるレベルです。ただし、師匠陣のあの美しいテクスチャを目指すとなると、綿密な取材やアートセンス、技術力から使用ソフトまでこだわる必要がありますが。
とにかく私のこの松山のクオリティなら誰でもできます。それは私が保証します。ただ問題はモデリングをエクスポートするときに一気に水面下の悪魔が目を覚まします。問題はエクスポートです。今回のようにロードができなくなってしまったり、前回のようにグランドポリゴン系はとても問題が多いです。

個人的には、このエクスポート時のトラブル遭遇確率は、Sketchupを使うと数十倍に跳ね上がると思っています(笑) SODEを使ったときにGmaxを少し使いましたが、あると程度分かればやはりGmaxを使うほうがすんなり来ます。

次回は私もBlenderを試してみようと思っています。これでトラブル遭遇確率も低ければ、かなり良い選択肢なのではと思います。それで最近思うのですが、シーナリーを作成するときに必要なのは、「早く終わらせる」とか「三日坊主にならない」とかではなく、「トラブル遭遇時にどれだけ根気よく対処する知識と気力があるか」だと思いました。

しかしこの、水面下の悪魔を斬り倒した(解決した)ときはものすごい快感ですよ!!私はここに喜びを感じています。あとはリリース後でしょうかね。きっと皆さんのフィードバックがあれば次回作もはりきるんでしょうけど(笑)

これからシーナリーを作りたいという方を脅しているのではなく(そもそも私もまだまだですし)、なんでしょう、私自身シーナリー作成の当初は、「とにかく制作中止しない」というのが目標でしたが、蓋を開けてみるとそんなことはあまり重要ではなかったためこれを書きました。今シーナリー作成をひそかに(公開はせずとも?)やってみている方は、少し気持ちの持ちようを変えてみると、挫折しないと思います。(なんだそれ、)

ずっと伝えたかった、シーナリー作成の感想、ここら辺で言っておきました(笑) 完成してからだと、ど忘れしそうなので...
こんな感じで、私はシーナリー作成の過程で、日夜トラブルに見舞われています。もしお困りのことがあれば、対処法を提供できる場合もありますので、お気軽にコメント・メールしてくださいね。

多くの方のヘルプにならない可能性が高く、面倒くさいので記事にしていないだけで、意外と私なりにいろいろ対処してます。アルファチャンネルとか。なのでお困りのディベロッパーさん、何かあればどうぞご気軽に(笑)
PUSHBACK REQUEST PANEL XやSUPER TILLER Xなどゲージもいくつか作成したことがありますので、お力になれるかどうかわかりませんが、意外と答えられるかもです!

って、久しぶりのブログ書き、楽しく調子乗って書きまくってしまったような...
それではまた!
posted by RUTE at 08:00| Comment(0) | シーナリー制作日記

2019年08月08日

珍しく: PMDG セール中

こんにちは。
特にボーイング系: 747、777、737でよりリアルな機体アドオンといえばPMDGは必ず候補に上がると思います。

私が何年も飛び続けている機体の一つとして、そして現に今ここまでヒコーキが好きになったのは、他でも無いPMDG777-200LRと777-300ERの影響です。

そんなPMDGが大変珍しくセールをやっております。PMDGが22周年を迎えたことでこのセールを行っています。またPMDGは最近まで、購入システムの移行を行なっており、今回はそれが完了したというのもあると思います。

昔はPMDGもセールをしていたそうですが、ここ最近は全くする気配がなく、昔からのユーザからは「PMDGも随分と敷居を高くしたな」という感じだったそうで。

今回は22%オフ、つまり8割ほどで商品が購入できます。どの商品も高額なものが多いので、浮くお金も大きいです。

特に高いという理由で踏みとどまっていた方、新たな次元で飛んでみたい方にはPMDGは非常に作り込みが良く、バグも少ないので飛びやすく信頼できる機体アドオンです。
はじめてのプロフェショナル向けの機体アドオンとしては、大変オススメできるメーカーです。

また既にPMDGユーザで、何か買い忘れがあった方はこの機会に購入するのも良いと思います。

私はPMDGで欲しい機体といえば、まず747、その次に737がありますが、迷っています。小型機はこの前A320シリーズをFSLabs、Aerosoftともに買ってしまいましたし。買うなら747ですが、高いので迷いどころですね。

URLが変わっています。購入は本家サイト https://pmdg.com/ からどうぞ。

この機会お見逃しなく。
それではまた。
posted by RUTE at 17:00| Comment(0) | FSアドオン関連