2020年10月18日

Drzewiecki Design RJAA P3D 成田空港リリース | FSLabs A319-X / A320-X / A321-X Update v5.0.1.114

こんにちは。

前回の記事にも上げた、Drzewiecki Design の東京ですが、成田空港がまずリリースされました。


この後は、東京シーナリーと羽田空港が予定されていますが、おそらくバラ売りでしょう。
シアトル・ニューヨーク・シカゴどれをとっても空港と街並みのシーナリーがばら売りになっています。

成田と言えば Wing Creation ですが、成田・羽田は日夜アップデートされるため、誘導路が最新でなかったりしています。
確か P3D の最新版では完璧に動きません。実は、この会社も、羽田を宣言していた時期があるのですが。

私も含めてほとんどの方が買うこの成田、そして羽田・東京シーナリー(東京CITY Xと名付くでしょう) の製品は、注目のラインナップですので今後も注意深く追っていきます。
なお、対応は Prepar3D v4.4+ さらに Prepar3D v5 となっていますので、MSFS2020 には現時点では未対応です。
需要はあると思うのでやりそうな予感しかありませんが、売り上げを考えればしっかりとお金をとるでしょう。
とにかく MSFS2020 はやっている人が多いので。

まだ SimMarket で買えないようですので、購入したらちょっとスクショを上げます。

購入はこちらから。 EUR 20.32ドル。安い。しかも高クオリティ。

毎度ですが、Paypalの日本円自動換算は高いので、See currency options より EUR にして買うほうが安いとは思いますが、私は責任を負いません。日本円自動換算が ¥2,600 ほど。今日のレートで計算すると、¥2,500 ほどなので、Paypalにお願いしない方が安いです。

購入してみました。めっちゃ良いです。買いです!

drecrjaa01.jpg

こちらはまたすぐレビュー書きます。


また、FSLabs も全製品がアップデートされています。

fslabsv5.0.1.114.jpg

前回、PBRの見直しでテクスチャが変わったりし大変でした。今回のアップデートで、 A319-X も旧リペイントは使えなくなるようです。窓がずれると思います。
私は所有していませんが、 A319-X の方もこれで P3Dv5 に対応です。
AI機の問題で、英語ロケールがどうとか色々問題はあるのですが、P3Dv5 は MSFS2020 より早く落ち着きそうですね。

なんだか最近は開発の音沙汰がなく心配ですが、上の2メーカーのように、アドオンは P3D の方も MSFS2020 と変わらず繁栄してると思います。

アップデートはこちらから

ちなみに FSLabs も PMDG と同様 (詳しくは前回の記事をご覧ください) Microsoft Flight Simulator で FSLabs のような複雑な機体を動かすための MSFS2020 側の土台固めが不十分なので、様子を見ることにしているとのことです。
ただ、これは FSLabs や PMDG のメーカがワーワー言っているということではなく、MSFS2020 側、つまり Asobo studio 側も「勉強したい」という姿勢で来ているようです。やはり一安心。いいシムになることを願っています。

というわけで、本当に早くシャークレットだしてください(笑)
さすがに comming next few month とは言えないですよ(笑)

あ、ちなみに、Simbriefから直でフライトプランをアップリンクする機能がついてるようです。

simbrief_link.jpg

Simbrief を使っている方は、ここにユーザー名(アカウント名)を入れましょう。とはいえ、一回飛んでどうすればリンクするのか、はたまた勝手にリンクしてるのかはわかりませんでした(笑) なんか勝手にリンクされてる臭い感じもあったような。
まだよく分かってないので、また調べて書いておきます。

ホントに寒いです。冬の訪れを感じる北風になってきました。寒い(笑)
皆さん、どうぞご自愛ください。
それではまた。
posted by RUTE at 10:00| Comment(0) | FSアドオン関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]