2019年05月06日

旅行日誌: 沖縄 久米島 その6

前回はこちら

いよいよこの旅行日誌も最終回です。第2回から第3回目の間が、数カ月以上空くというハプニングではありましたが、この春、今日、無事完結いたします。

お昼は久米島ではなく、那覇で食べようと決めていたので、3時というおやつの時間ではありますが、空腹をこらえて那覇まできました。ちなみに久米島で最後に食べたのはかき氷でした。


那覇に着いたら、そのまま空港を出ます。
航空券上は羽田へ行くということになっていますので、久米島で預けた荷物は、JALが那覇で保管してくれます。
ということは、手ぶらで那覇を散策できます。とはいえ、ハンドバッグぐらいは流石に持っていますが(笑)これ、離島旅行の特権です!
16時前に着きまして、帰りの便は19:45発のJL920ですので、3時間弱滞在できます。
残り時間、余裕を持たせたとするとやはりここは国際通りしかありません(笑)というか、これを狙ってこの便構成にしたんです。

IMG_9532.JPG
まずは那覇のモノレール、ゆいレールで空港から県庁前駅まで移動します。レンタカーはしません。あの距離なので。

まずは久米島から堪えた空腹を満たします。飛行機の時間からしても、昼飯と夕飯の中間、この時間で食べて良かったと思いました。

IMG_9549.JPG
遅めの昼めしは、国際通りの焼肉パナリさんです。さすがに16時ということもあり、夜の支度をはじめてバイトの学生さんが出勤してくるみたいな時間帯だったので、少し迷惑だったかな?(笑)

IMG_9546.JPG

石垣牛のセットだと思います。遅めだった分、おなか一杯+満足感がありました。ごちそうさまでした。

食事が済んだらお土産を買ってまわります。私は琉球グラスと、オリオンビールのコップ、JTAで食べて美味しかったミント黒糖、紅芋タルトにちんすこうを買って帰りました。
最近は関東にも沖縄のアンテナショップは多く、お土産で買っていったものがそこら辺で売っているというのは結構あります(笑)

IMG_9553.JPG
19時前には駅に戻り、ゆいれーるに乗ります。また夕焼けがちらっと見えて綺麗でした。琉球新報の建物には安室ちゃんの広告が。。。JL920で東京羽田まで戻ります。
ところでJALは夜間、着陸時に機内の照明を落としていますが、ANAではやりませんよね?
この違いいつも気になります(笑)

海よし、飯よし、天気よしの大変楽しい旅でした。読んでいるみなさんを少しでも沖縄気分になれば幸いです。
最後になりますが、長い期間が空いてしまいましたが、最後までお付き合いくださいありがとうございました。

以上、"ゴールデンウィーク FLIGHT LOG BOOK 大投稿キャンペーン"でした!
この後は関西旅行編をお楽しみに。

くれぐれも無理をなさらず、徐々にペースを戻されるのがいいみたいです(笑)
次は夏休みでしょうか。みなさんはどこに行かれますか〜?

それではまた!
posted by RUTE at 08:00| Comment(0) | FLIGHT LOG BOOK (旅行日記)

2019年05月02日

旅行日誌: 沖縄 久米島 その5

前回はこちら

最終日です。この日は久米島をお昼に出発し、午後は那覇で過ごす予定です。
朝はゆっくり起きて、どこに行こうかという会議をしながら朝食です。特にこの日はどこに行こうということは決めていませんでした。

結局、時間的な都合からホテルから近い「畳石」というところへ行くことになりました。
お昼に出発とはいえ、時間があるので徒歩で行きました。結構あるいたような気がします(笑)
いろいろ説明する前に、まずは写真を見てもらいたいです。

IMG_9399.JPG
見てください、この岩。確かに「畳石」。これ、天然のものなんですって。地球の不思議さを感じますよね。
9月ということもあり、人が一人もいなかったので、気分爽快(笑) とてもリラックスできました(^^)

3日間の旅でしたが、全日がこの晴れ。私は強烈な晴れ男ですが、ここまで天気がいいと気持ちも落ち着きます!

IMG_9441.JPG
同じく畳石から。
この畳石の周辺は、お食事ができるレストランもありますので、お昼ごろにきて、畳石を観光してごはんという形もありだと思いました。私たちも大変暑かったので、かき氷をいただきました。
帰りはタクシーを呼んで、ホテルまで戻りました。

空港内はお土産店もあり、いろいろと買い物ができます。大きな空港、小さな空港にかかわらず、沖縄の空港はどれも楽しいです。空港だけでも随分と時間がつぶせます(笑)

IMG_9457.JPG
さて、久米島を出発です。人生2回目の沖縄離島でした。また来たいです。
私的には、ボンバルに乗れるのでメシウマな旅ですし(笑) 海よし、飯よし、天気よしの太陽みたいな島でした!

IMG_9495.JPG

これ、一眼でとったら、もっとすごかったんだろうなぁ。でもすごくないですか?これ。縮小と署名しかしてませんよ。フィルターはかけてません。本当に美島です。

那覇に到着後、少しハプニング。おそらく韓国から来た観光客の集団の方々ですが、スポットインの後、ベルトサインが消える前に立って荷物を降ろしたりしてしまいました。CAさんもさすがに困っていました。外国語のアナウンスはJTAでは義務付けられていないんでしょうか。沖縄は特に中国・韓国からも近いですから、観光客の方が年々多くなってきた印象です。少し対応したほうがいいと思いました。何よりも観光客がすこしくらい日本語を分かれば良いに越したことはないと思うのですが、(私はこれは海外旅行に行くときのマナーだと思います。)「おもてなし」という言葉もある以上、こっちとしてもできることはしたほうがいいと思いますよ。

さて、残りの時間で那覇を回ります。飛行機が遅れましたので、3時くらいです。腹減ったぁ〜。
それではまた!
posted by RUTE at 08:00| Comment(0) | FLIGHT LOG BOOK (旅行日記)

2019年04月28日

旅行日誌: 沖縄 久米島 その4

前回はこちら

さて非常に良い天気の中、この日はハテの浜へ向かいました。
ツアーを企画している会社が、朝ホテルの前まで迎えに来てくださいました。せっかくということで、一日中ハテの浜にいるコースを予約しました。お弁当付きで、料金もお手頃でしたので助かりました。

IMG_9195.JPG
なんとグラスボートでハテの浜まで移動です!
グラスボートって、みなさんご存知ですか?船の底がガラスになっていて海の綺麗な沖縄では、コバルトブルーの海の中の魚たちを見ることができます。船なので必ず座れますし、船酔いさえしなければ何より綺麗なのでかなり休めるます(笑)オススメです。本島に旅行に行った時でも、だいたいグラスボートには乗ります。JTBなどで予約すると、割引乗船が効いたりするのでさらにいいですよ。

それでは美しい久米島の海をご覧いただきましょう。準備はいいですか?
IMG_9192.JPG
どうですか? 今まで私の中では、ハワイが一番きれいな海というランク付けでしたが、それのはるか上を行ってしまっているような。。。コバルトブルーというより、もはやエメラルドグリーンです(笑)
なんといったらいいのか。もはや笑ってしまいます。写真でこれですから、みなさん現場にいったらもっと感動することと思います(笑)

IMG_9225.JPG
ハテの浜に着きました。安全上、遊泳の際はライフベストの着用が必須です。
砂浜ときれいな海が合いますよね。もう、思う存分、ずーーっと海に浮いたり、遊んだりしていました。海に浮くだけでも嫌なことすべて忘れて飛んでいきます。
シュノーケリングですが、正直海がきれいすぎてシュノーケリングの機材がなくとも、普通に上から見えます(笑) とにかく疲れがとれますよ。
あ、どれもiPhoneでとった写真で、フィルター加工などはしてませんからね。(容量を圧迫しないように、一部縮小した写真があるのと、署名をいれただけです。)

IMG_9221.JPG

いわゆるお弁当ですが、スパムなども入っていて、少し沖縄風のお弁当でした。"いわゆる"雰囲気がすると思いますが、素直においしかったですよ。

IMG_9323.JPG

久米島といえば、琉球泡盛の久米の久米仙のほか、もずくが盛んだそうです。うちの冷蔵庫にはもずくは季節を問わず常備してあります(笑) 沖縄県産としか書かれていませんが、詳しくは久米島産なのかな。もずくの栽培に関しても島人の方が紹介してくださいました。

こんなにも一日中海で遊んだは、かなり久しぶりでした。宿泊先のホテル 久米アイランドにはプールがあるので、海でガッツり遊んだ後はプールでも遊びます。相当アクティブな一日でした。

IMG_9335.JPG
部屋に戻りシャワーを浴びたら、ツアーのオマケであるウェルカムドリンク券を使い、ハイビスカスティーをいただきました。
夕食の時間まで余裕があるので、今度は外に出歩いて散策します。よく考えてみれば、おそるべし体力(笑)
近くのドラックストアでまたブルーシールを買って食べたり、サーターアンダギーをスーパーで買って食べました。

IMG_9339.JPG
夕食では、マース煮をいただきました。「お時間15分以上かかりますが大丈夫ですか?」と聞かれましたが、夜ということもありやたらと時間には余裕があったので待っていました(笑) 待った甲斐あり、これすごいおいしかったです(^^)
初めて沖縄に来た時に、魚料理と聞いて「熱帯魚でしょ」と思っていたら、これが相当ウマい!それ以来、沖縄に来て魚を食べない旅は一度もありません(笑)
ビタローなどあまり聞かない魚(スズキ科フエダイの仲間だそう。釣りとかしないので詳しくなくてすいません^^;)も、沖縄らしい調理法で最高においしいです。恐らくみなさん沖縄に行ったらお魚も召し上がると思いますが、もしまだだという方は次回絶対に食べてみてください! おすすめの店、内緒で教えますよ。(といっても場所に偏りがありますがw)

それではまた。次回は最終日編 前半です。記事かいてたら、即沖縄行きたくなってきたなぁ(笑)
posted by RUTE at 08:00| Comment(0) | FLIGHT LOG BOOK (旅行日記)

2019年04月25日

旅行日誌: 沖縄 久米島 その3

前回はこちら

IMG_9130.JPG
ボンバルディア DHC-8-Q400CCでのフライトでしたので、搭乗人数も少なく、バゲージクレームでは荷物をすんなり引き取ることができました。
那覇便だと受け取りに時間がかかるので、そういう点では時間効率がいいのでしょうか。

さて久米島空港についてからまずホテルの方へ移動します。

石垣島、本島であればレンタカーが必須となりますが、久米島は町営バスが通ってますので、余程でない限り必要ないかなと感じます。
いくつかのホテルの前に着けてくれるので本当にレンタカーいらずだと思います。
さらにこのバス、飛行機の時間に合わせて運行しているので非常に便利です。

IMG_9134.jpg
このデザインは、なんとスタジオジブリの宮崎駿監督が書かれたそうです。(動画から切り出した写真しかなく恐縮です。)

難なくバスに乗っていましたら途中で急にバスが止まりまして。それが、エネオスの前だったんですよ。バス停があるのだろうなと思っていたら、ドアは開かないし、お客さんは乗りも降りもしない。
なんと給油をはじめたのです(笑) 普段あまりバスには乗りませんので、バスに乗ったままバスの給油とは初体験で新鮮でした(笑)
まあ確かに、道中にあるならそこで入れていってしまった方が効率がよいですよね。

数十分ほどの旅を経て、ホテルに到着です。

IMG_9161.JPG
こんなに綺麗な夕日が迎え入れてくれました。明日はいよいよハテの浜へ。晴れてくれよ!
posted by RUTE at 08:00| Comment(0) | FLIGHT LOG BOOK (旅行日記)

2018年12月20日

旅行日誌: 沖縄 久米島 その2

その1はこちら

前回は那覇空港到着までを綴りました。
JAL 909便 13:35那覇着
RAC879便 15:45那覇発
となっていましたので、乗り継ぎの空き時間は2時間ちょっとあるんです。
国際通りまで出るにはちょっと時間がないので空港内で過ごしました。連れはどう感じたか分かりませんが、私はとにかくご満悦です(笑)
ちなみに乗り継ぎの場合は、スーツケース等預け入れ荷物は航空会社が持っててくれるので各各リックなど軽装で移動可なのは本当に良かったです。
お昼は那覇空港4F レストラン街にある「郷土料理の店 天龍」です。さすが空港内のごはん屋さん、提供時間のなんと短いことやら。
私はその時、無性にタコライスが食べたかったのでそれを注文。他の人の沖縄そば(ソーキだったかもしれません)にはじゅうしぃが付いており羨ましかったです(笑)
ちなみに私の那覇空港のレストランでオススメなのは、同じく4F「ロイヤルコーヒーショップ」の「琉球ごちそう御膳」です。2000円という高さではありますが、あぐー豚のトンテキにじゅうしぃ、ミミガー、沖縄そば、ジーマーミ豆腐などもう沖縄フードを一度に食べれる上にかなりウマいんですよ。高いと分かっていながら帰りの便の前、最後はだいたいこれで締めます(笑)
皆さんもぜひお試しください。

そのあとは空港内をプラプラしていました。ブルーシールアイスを買って食べたり、お土産を見て回るだけでもあっという間の2時間でした。ちなみに私はシークワーサー味のアイスを食べました。
D2FB2D1D-8214-4068-B329-A31946194E08.jpeg

保安検査場を再び通り、待合室に向かうともう搭乗案内をしているとこと。久しぶりにバス移動から搭乗したので間に合わないのではないかと少し焦りました(^^;)

そしてDHC-8-Q400が見えてきます。
Q400といえば、JAC(日本エアコミューター)の全機退役の話がありましたね。

西日本新聞 「お疲れさま」離島便支えた名機に別れ JACのボンバルディアQ400引退:
(Yahoo!ニュースのため、リンク切れもあると思いますがあらかじめご了承ください。)

大型ジェット旅客機に比べて、小型のターボドロップ機の機長、整備士さんのほうが"マイフリート愛"を強く感じるのは何故でしょう。
「家族のように過ごした」や 「着陸時に機首が上を向くクセがあり、慣れるのに10年もかかった」などまるで相棒のように…(笑)
翼の時間でもフォッカー50の整備士さんが「(エンジン排気口付近について)毎週、毎週洗ってるんですけどね〜すぐ汚れてしまいます…」とおっしゃってまして、なぜかこういうのにウルっときてしまいます(笑)
もちろん、大型機のパイロットさん、整備士さんも並々ならぬ愛をお持ちだとは思いますが、どうしても小型機にはそれならではの愛を感じます。私もQ400、フォッカー50ともに大好きで、FSアドオンを購入予定です。(「欲しいなー、欲しいなー」の楽しみが長くなるように、あえて購入を先延ばししているほどです笑)
ただATRは…(笑)なんかな…しかし性能は申し分ないみたいですね。

IMG_9102.JPG
写真の機体は、Q400の中でもCC(カーゴ・コンビ)というものです。後方を見れば分かるのですが、後方の客室分を貨物に当てているモデルです。カーゴドアの位置から推測してもかなり大きな貨物室です。この改良型は琉球エアコミューターことRACがローンチカスタマーとなっています。貨物室が大きくなったことで、与那国産のカジキがたくさん輸送できるようになったそうです。(19年1月号の月刊AIRLINEより)

19F0911D-3337-43C0-8AEC-477E4216EA54.jpeg
席はこんなところでした。ギアの動きも見れる上、高翼配置のため景色が犠牲になることもありません。定刻どおりの出発です。他のお客さんは島民の方がほとんどでした。

740FCA7D-E2E9-444B-A289-CC3CF9D91435.jpeg
搭乗のときにCAさんからいただきました。ミントと黒糖なんて合うのかと思いましたが、意外とクセになるおいしさでした。飛行機酔いがちの方には飴類はいいですよね。

IMG_9095.JPG
JTA/RAC便ではCAさんがフライト中、「ただ今右手に見えますのが…」という感じで機上から見える沖縄の島々を紹介してくれます。写真は慶良間諸島だと思います。
沖縄から久米島、たったの30分という短いフライトでしたがとても楽しく過ごせました。

久米島に到着後、Q400独特のこんなアナウンスが…
「飛行機のエンジンが停止しました後でも、プロペラが30秒ほど回転し続けます。お席におすわりのままでお待ちください。」
これはQ400を買った場合、この機体のために機内アナウンスパネルを修正しなければなりませんね。今のではアナウンス項目が少なすぎます(笑)ところでFS2Crewとかってこの辺りにも対応しているのでしょうか??

私は生まれて初めてプロペラ機に搭乗したのですが、なんとも言えない独特の乗り味でした(笑)クセになりそうです。小型機と言われていながらとてもパワーのあるエンジンに圧倒されました。

9AA44DE1-5464-43BB-BF6D-FA70DB7520F3.jpeg
久米島空港のターミナルへは徒歩でいきます。広い空港を"歩く"のはなんだか新鮮でした。
なかなか撮れないアングルからQ400の写真も撮れてご満悦でした。

今週は少し立て込んでしまいまして、PUSHBACK REQUEST PANEL v2のリリースが遅れるかもしれません。
反面、松山のメインターミナルはほぼ完成しました。あとは夜間テクスチャを作成ののち一旦松山に置いてみてテストです。さてさて、初心者の私にはここからが大変そうです…

それではまた次回。久米島島内バスからです。お楽しみに!
posted by RUTE at 12:00| Comment(0) | FLIGHT LOG BOOK (旅行日記)