2020年11月01日

Prepar3D v5.1 アップデート || MSFS2020 アップデート

こんにちは。

MSFS2020が来たとはいえ、P3Dで飛んでいるよという人も多いと思います。私もその一員です。
さて、こちらも負けじとという感じではありますが、 Prepar3D v5.1 にアップデートが来ました。

以前から宣言していた通り、Enhanced Atmospherics が正式版となりました。
こちらに関しては、ここに追記したいと思います。
β版のことは、この Enhanced Atmospherics がとにかく VRAM 食いで、しかもメモリ食ってなかなか返さない、食いすぎたときのメモリオーバーのエラー回避がしにくいのは FSX ベースだからか、なんなのか開発者ではないので分かりかねますが。
ただ、Prepar3D v5.0 HotFix 2 では、少しずつ食ったメモリで使わない分は、解放するようになっていたのは確認していたのですが。正式版として、どこが正式になったのか気になるところです。

今回は、なんかこのページ読む限りは Client だけのアップデートで良さそうですが。。。
この辺りのフォルダの一部は、Prepar3Dに再度自動生成させた方がいいこともあると思います。
%PROGRAMDATA%\Lockheed Martin\Prepar3D v5 
%LOCALAPPDATA%\Lockheed Martin\Prepar3D v5 
%APPDATA%\Lockheed Martin\Prepar3D v5

とくにシェダーキャッシュ。こちらはグラフィックボードのドライバのアップデートをした後にも削除が必要な項目です。
%LOCALAPPDATA%\Lockheed Martin\Prepar3D v5\shaders

結構、シェダーキャッシュを消さない人は多いそうで。いつまでも消さないと、場合によっては FPS 落ちると思いますよ。

私はフォルダごと全部消せなんて言ってませんからね。適宜、自動生成させた方がいいこともあると言ったまでです。
やるにしてもバックアップをお忘れなく。重要な設定ファイルも入っています。

新機能をまとめると
・Enhanced Atmospherics が正式版となった
・パネル類の作成に HTML5 と JavaScript が使えるようになった (Python は?)
・ (仕組みが良く分かってないですが、たぶんマルチプレイヤーでホストにするPCのレンダリング(ゲーム画面表示)をOFFにする「ヘッドレスモード」なるものがついたらしい)
・HDR で画面の明るさを自動調整してくれる機能が追加された (OFFにすることも可)
だそうです。おそらく大多数の人には、EAの正式化しか興味がないと思います。FSLabsの人たちにとっては、JavaScriptsでPanelを作れることは大きなメリットとなりそうです。これは面白そう。

アドオン関連ですが、FSLabsは早速アップデートが来ています。

これを見る限り、P3Dは、メーカとの絆をより深めているように思えます。PMDGなんかも、777-200ERはP3Dで出すと言ってますし、新製品の開発もP3Dであるようです。まあ、LickheedMartinはアメリカの会社ですしね。今の時代場所なんて関係ない気もしますが。Asoboって確かフランスのスタジオですよね。
ちなみにこのPMDGの新製品、私は 777-8/9X と予想しています。ANA好きなひとはもう欲しくてしかたないのではと思います。とはいえ、今の時代、777を大量に買う体力も、あまりないのが現実だとは思いますが。

っていうか単純に、日本とかアジア諸国で感染が拡大しておらず、欧米だけで流行っていると、シンプルに人工的に操作されたものかと思ってしまいます。

また、さっさとやります的に言ったDDの成田のレビューですが、あとでやりますね。
こちらDDの成田もアップデートが来ています。

また、MSFS2020もアップデートです。ああ、疲れてきた(笑)

MSFS2020_Update.jpg

こちらは、一度Microsoftストアからアップデートをかけないとダメなようです。

MSFS2020_Update2.jpg

何か知りませんが、私はPCを再起動しないと、このMicrosoftストアに行ってアップデートしろ的なポップアップがでませんでした。まあ、私の環境固有の一時的な不具合でしょう。
MSFS2020に関しては、起動時のアップデートチェックが辛いですね。シーナリーダウンロード上でしょうか。これ避けたいとき結構あるんですが。

MSFS2020_Update3.jpg

かれこれ11月。年末に向けて、みんな忙しい時期ですね。寒くなってきましたので、ご自愛ください。

それではまた。
頑張ってDD成田のレビューしますね。

2020年10月11日

Microsoft Flight Simulator 2020 Japan DLC、PMDG関連のニュースその他。

こんにちは。
私的には最近、落ち着いてはいるのですが、暇な時こそ暇を満喫したいと、記事やら創作活動は控えめになっています。
しれっと、松山空港も。はい。

実はフラシム自体もそんなにしていない今日この頃です。
なんかVATで飛べとか煽られるんですよねぇ。アレーオカシイナァ。。。

さて、もう知ってるわいな話ですが、 Microsoft Flight Simulator 2020 に日本のDLCがやってまいりました。
どうも東京ゲームショーを意識しての日本アップデート。最高に嬉しいですよね。
しかも無料。ありがたいです。Asoboスタジオにも感謝ですが、なによりトーキョーゲームショウに感謝してしまう自分が情けないです(笑)

久しぶりに MSFS2020 を起動してみると...
なんといきなり富士山が! それも結構富士山です。
Vectorと呼ばれる (MSFS2020でもVectorと呼んでるか記憶が定かではないですが...) 道路の情報、海や海岸線・陸地の情報をまとめたランドクラスなど、基本的な地上の情報から、東京タワー・姫路城・厳島神社から明石海峡大橋などのシーナリーもついています。これで高額で珍妙で超重たいアドオンを入れる必要などはなくなりましたね。(オイ)
さらに、空港シーナリーもついてくると。長崎・釧路・八丈島・下地島・慶良間・諏訪之瀬島空港がついてくると...
なにこの無料DLCって感じですよね。

MSFS2020_JPN_UPDATE_1.jpg


MSFS2020_JPN_UPDATE_3.jpg

MSFS2020_JPN_UPDATE_2.jpg


データ量は、9.4GBほど。大きいパッチですね。
ここで注意なのですが、この Japan Bundle を完璧にインストールするには、ホーム画面からさらに 1.6GB ほどの追加ダウンロードが必要です。まずは
@ Marketplace へ行き
A Full Catalog をクリックします。

MSFS2020_JPN_UPDATE_4.jpg

次に
B 左側のタブから BUNDLE をクリックします。
C World Upadate I: Japan Bundle をクリックします。

MSFS2020_JPN_UPDATE_5.jpg

D私の画面では、Download中の表示になっていますが、バンドルを所有していなければ BUY&DOWNLOAD もしくは BUY というボタンがあるのでクリックします。
すぐにダウンロードする場合は前者を、買うだけ買ってあとで落とすつもりの方は後者をクリックします。 BUY となっていますが、上の値段表示、free となっていますので無料です。

MSFS2020_JPN_UPDATE_6.jpg

これで 1.6GB のダウンロードの後、日本DLC を楽しむことができます。
ちなみに、こんな説明をしなくても、ホーム画面の「日本ツアー」をクリックされた方なら、上のページへ無理矢理飛ばされるはずですが(笑)

詳細は、各々見に行ってください(笑)
で、迷われている方。Standardでも良いと思います。買われてみてはいかがでしょうか。
少しでも興味がある方、日本のシマーであれば、アドオンは置いておいたとして「とりあえず」買わない理由はないと感じます。

で、アドオンについての話です。
PMDG は、737 を MSFS2020 向けに開発しています。確か製品名は PMDG 737 NG3 と名付けていると思います。
あ、 再三言いますが、 PMDG 737 NGXu を 2019年12月までに購入された方は、こちらの製品を格安で購入する権利があることをお忘れなく!
 で、この PMDG 737 NG3 ですが、来年2021年四半期をリリース予定にするそうです。つまり、一年待ち...
殆どの MSFS2020 に移行予定のフライトシマーの方は、がっかりされたとは思います。私もまあまあアレと思いました。
ただ延期の理由が、「MSFS2020 で PMDG 737 の複雑なアビオニクスを再現するための土台が不十分であるから」ということ、さらに「この土台を根っこから改善するために、 PMDG は Asobo Studio と共同で作業を進めている」とのことで、少し安心したんです。
私もいま、MSFS2020のシーナリー作成を覚えているところですが、実際問題、MSFS2020の作り方を覚えんでもそのまま使えるんですよ。FSX時代のシーナリーが。だぶん。コンバーターなんかも速攻できると思っています。 Arnoさん!お願い〜〜〜(笑) 逆に、XP とは全くの互換なしです。
レガシーコンテンツサポートと名前までついていて、FSX (まあ P3D も) サポートできる範囲でだとは思いますが、しています。
SDK に記載はあって、FSX の ESP の SDK Documentation に飛ばされるようにはなっていますが。
何が言いたいかと言うと、ここまでアドオン開発にフレンドリーだとは。この課金課金で頭が痛くなる令和2年に。なんとありがたいことか。Flight Simulator の慣例をしっかりと踏んでくれていて、個人的には激しく好感が持てるシミュレーターです。
はやくしろよ、と内心思っているのは事実ですが、Asobo Studio と Microsoft のスタンスには一安心という感じで、気長に待とうと思います。と言いつつもはやくしろよと言う感じで(笑)


ここからは Lockheed Martin Prepar3D に関するニュースです。
先ほども出てきた PMDG ですが、 P3D向けには、まず PMDG 777 の Prepar3D v5 対応の無料アップデートを急いているようです。いや、そろそろ、限界。早急にお願いしたいところです。私、v4はもうアンインストールしたんですよね(笑)
色々トライしてるのは伝わってきます。バグフィックスだけではなく、Global Flight Operations や Ground Service (PMDG 747 についている Ground Vehicle を指しているのかは不明) を追加させ、最新の PMDG 製品を足並みをそろえる感じのようです。これを無料でやってくれることには調節ありがたいのですが... 例のごとく 777 への EFB 搭載も頑張っているみたいですが、このアップデートには入らないそうです。
さらに私が期待しているのは、777-200ER。私、777ならプラットのエンジン音が一番好きなので、ぜひプラットのサウンドも入れて、売って欲しいです。速攻で買いますね。 PW4084/90 サウンドがついていれば。ついてなければ買いません(笑)
さらに、PMDG は P3D 向けに新たな製品をリリース予定だそうです。「PMDGは常に顧客が欲しいものを作っていく」と今回は自信満々なので、私は 777-8/9X なのではないか、と予想しています。 737MAXですが、こちらは MSFS2020 向けの 737 NG3 のプロダクトラインとして視野に入っていることが発表されているはずです。
理由は単純明快。787はQWが、767はCSが出したことですし、737NG3でMAXはあるようですし、チームがここまで自信をもってアナウンスをするとなると、 777-8/9X あたりがこちらにとっても大きいと感じらますよね。という適用な予想です。あてにしないように(笑)

あー。今期も終わってしまいましたが、個人的には新規作としては 宇崎ちゃんは遊びたい! がもっとも面白かったです。
早見沙織の宇崎月はいいもんでしたね〜。
で、この作品10話にも出てきていましたが、鳥取。そんな鳥取を Gate 15 Scenery が作っているようです。

G15Tottori1.jpg

G15Tottori2.jpg

おおお!作中にも出てきていたコナン君がしっかり!入り口のアーチといい、激しいこだわりようです。
宇崎ちゃんと桜井センパイがコナン君のポーズの真似をしていましたね。なんとタイムリーな(笑)
そんな宇崎ちゃん、2期が決定したそうです。やったー。ちなみに邪神ちゃんドロップキックも3期決定です。クラファン、もちろん私も参加しましたよ。
それはともかく、激しく鳥取へ行きたくなりました。たしかANAが就航してますよね。A320で。
ぜひ、こちらも買ったらレビューしますね。

シーナリーといれば、Drzewiecki Design の東京も遅れるようですね。こちらも買うのでレビューしますね。
ここのメーカー、とにかく名前が読めないので、「ディレクブイーンブイーンブイーンデザイン」と心の中で呼んでいるというのは内緒です笑

MSFS2020 に意気消沈なのは分かりますが、バグを抱えたまま P3D v5 も v5.1 になって、 EA を Beta から外すミッションがありますし、とにかくペースがおかしくなってしまったような気がします。。。はやく P3D も気を取り直していつものペースになって欲しいものですね。私は P3D も引き続き、末永く使っていくつもりなので...

それではまた。

2020年08月18日

MSFS2020 購入しました || レビューは本館で.

こんにちは。
STEAM で Premium Deluxe Edition の MSFS2020 を購入しました。
まあ、私は買いますよ。

STEAMで買った場合でも、インストーラのみのダウンロードで、ソフトの起動後、地獄の150GBダウンロードです。
回線速度にもよりますが、一般的な回線速度であれば一晩が目安だと思います。

バタバタしてるので、レビュー記事を書くのは週明けになると思います。
とりあえず、今回のような大きなソフトはファミ通とか、4Gamerさんが光速でレビューすると思うので、速さよりも質を重視したいと思っています。できるだけ、コアなシマー向けの記事を(笑)

P3Dv4 ~ P3Dv5 がメイン、XPlane11も買った、FSXからのユーザという目線で書きたいと思います。
たぶん私は、ごく一般的な、正規分布のど真ん中にいるようなシマーですからね。

買うか迷ってて、ここを見て欲しいなどがあればコメントをください。
できる範囲でお答えします。

Desktop Screenshot 2020.08.18 - 13.52.45.18.png

今のところ、本館での記事投稿を考えています。
ブログでも何か企画をやるのもアリかなとは思ってますが、とりあえず本館で。

とりあえずインストーラだけでもテンション上がったので、写真つけときます(笑)
またしばらく、フラシム業界も騒がしくなりそうですね。

それではまた。

2020年07月24日

Prepar3D V5 HotFix2 AIの位置問題 || システム ロケールを英語に

こんにちは。

以前、Prepar3D v5 の HotFix 2 (HF2) を割り当てたときに、AIがAFCADのパーキングコードを読み飛ばす、つまり、ANAがターミナル1に停まったり、JALが34R側に一気に湧いたりします。
これ結構気になるんですよね。羽田では。

v5hf2AI.png


今回、これの解決方法をらんもりさんが教えてくださったので共有します。
単純明快、システム ロケールを英語にしてください。

私、FSLのアップデートで言われていて、これあんまり信じてなかったんですが...汗 イマドキ起きないと思ってました。
文字エンコードの違いでファイルが読み取れなくなるようです。
日本語やそのほかの言語で起こっているようですが、それだと Lockheed Martin 側が直してくれるか分かりません。

知っとるわ!な感じだとは思いますが、一応やり方を。
コントロールパネルより、
システムとセキュリティ (左上のタイトルをクリック) > 時刻と地域 (左列のバー、下から2番目) > 地域 (2番目のタイトルをクリック) > 出てくるウインドウの「管理」タブ > システム ロケールの変更(C) > 英語(米国) などに変更します。

Window_LC.jpg

適用後はPCを再起動し、シムをチェックしてみます。
これやると日本語環境を想定した一部ソフトが動かなくなると聞きました。
私は今のところ、実害ないですが。ここじゃなかったけな。少しうる覚えです。。。

v5AI4.png

v5AI3.png

v5AI2.png

ちゃーんと直ってくれました。
らんもりさん、貴重な情報ありがとうございました。助かりました。

ちなみに Prepar3D v5 でも FSLabs の A320 だけは使えるようになりました。
以前は国際線での運用がほとんどのANAの320ですが、新型コロナウイルスの影響で、国内線でも結構飛んでいます。
まあ、そもそもシャークレットなのでタイプ違いなんですが...

A321、そしてシャークレットについても早く来てほしいですね。すぐ来るって言ってましたよね... アレレ(笑)

それで FSLabs A320 + ActiveSky P3D + Chase Plane + TB 羽田 でfpsを見たらびっくり。

v5FSL_fps1.jpg

v5FSL_fps2.jpg

Prepar3D v4 では 20 あれば良い方でしたので、脅威的な数字。素晴らしいです。
そろそろ P3Dv4 を消そうかなと思っています。

それではまた。

2020年07月14日

Microsoft Flight Simulator 2020 Coming Back!

こんにちは。

まず、熊本をはじめ九州各地で被災をされた方へ、心よりお見舞い申し上げます。新型コロナウイルスで狭狭とした環境の中、このような災害が起こってしまうのは心が痛いです。昨年度末、熊本へ旅行へ行ったときは、地元の方にいろいろとご親切していただき、ありがたい気持ちで一杯でしたので、本当に心苦しいです。一日も早い復興を心より。心より。

こんなときに、ストレスがそのまま暴力や暴言につながるような人を見ると、惨めで悲しくて本当に痛々しいです...
意見は違えど、気持ちは一つに、考えることをやめた人間は石も同然です。知恵を絞り、最後まで考えていきたいと思います。

またコロナウイルスの情報収集に私が使っていていいなと思える情報ソースをまた共有します。
東京都内の感染動向 (データ分析をするのに役立ちます)

なんで東京都よりページがシャレ乙じゃないのか(笑)

山中伸弥教授による

私が言うのもおこがましいことは分かっています。ただ、今は主観で行動するのではなく、できる限りのデータを分析し、客観的に判断したうえで、行動の意思決定をしてほしいと強く思います。減らせるものは、減らす努力をするだけで結果は、0.5ずつ、1ずつ、変わっていくと思います。


かぁ〜こんなダメシムよくもコラァ! P3Dは神だよP3Dは。(もしくはXPは神だよXPは)みたいな構図を期待しつつも、やはり出てしまうと大変楽しみなMSFS2020であります。

さて、Microsoftストアにていよいよ MSFS2020 が注文可能となりました。現時点でわかっていることをまとめてみましょう。
私は過度に更新を加えてごちゃつくのが嫌なので、基本的に最新情報をここにまとめていくつもりはありません。誤字脱字、言い回しの変更以外で更新はないと思ってください。適宜最新記事もみてください...



事前注文 URL

(リンク切れの際はご容赦を〜)


発売日は 8月18日ですね。

さて、値段についてですが3種類の用意です。イマドキのゲームと言う感じですね。

エディション価格
Premium Deluxe¥13,100
Deluxe¥10,700
Standard¥7,450

Standardは良心的な価格設定ですね。
PCスペックについてですが、色々書いてはあるのですが、ここでは議論しません。出せるだけ出した方がいいです(笑) 購入できる範囲内で一番いいものを買った方がいいです。ただし、推奨スペックは超えておくことは最低限でしょう。


さて、買ってみないと分からないこともたくさんあるのですが、各エディション間での違いを調べられた範囲で調べてみました。(私が気になるものをピックアップしました)


各エディション共通
・Airbus A320neo
・B747-8
・Beechcraft Bonanza
・Cessna C172 Skyhawk (G1000グラスコックピットのみ)
・Cessna Grand Caravan EX (キャラバンでも新しいほうですね)
・Diamond DA62 (ぷっちょさんのブログでの愛機で、きれいな流線形が特徴の機体です)
・Cessna Citation CJ4 (ビジネスジェットみたいな機体もあるようですね)

・羽田空港 (オリンピックもあるし外すわけないよね! ウォッシュレットがある日本に勝てる国なんてありません)
・シドニー空港 (オーストラリア/ANA・JALの就航あり)
・ニューヨーク ジョン・F・ケネディ国際空港 (アメリカ/ANA・JALの就航あり)
・ロサンゼルス国際空港 (アメリカ/ANA・JALの就航あり)
・シアトル・タコマ国際空港 (アメリカ/ANA・JALの就航あり)
・パリ・シャルルドゴール空港 (フランス/ANA・JALの就航あり)
・インスブルック空港 (オーストリア)


Deluxe エディション以上
・Beechcraft Baron (P3Dv4で中盤、権利問題で消えた彼です)
・Cessna C172 Skyhawk (アナログコックピットという意味だと思います)

・シカゴ・オヘア国際空港 (アメリカ/ANA・JALの就航あり)
・アムステルダム・スキポール空港 (オランダ)
・カイロ国際空港 (エジプト)
・ケープタウン国際空港 (南ア)


Premium Deluxe エディション以上
・B787-10 (なんで-10だけ?)

・フランクフルト国際空港 (ドイツ/ANA・JALの就航あり)
・ロンドン・ヒースロー空港 (イギリス/ANA・JALの就航あり)
・サンフランシスコ国際空港 (アメリカ/ANA・JALの就航あり)
・ドバイ国際空港 (UAE)


※ちなみに羽田の国際線ターミナルのトイレが和式でした。頭おかしいのでしょうか。外国人が●ァックって言いますよ...


と言う感じでした。つまるところ、海外を中心に日本と国際線フライトをする方には、Premiumを買うだけでだいぶ事足りるという衝撃設定です。日本国内については、どのくらいシーナリーを作らせてもらえるのかそれですべては決まります。

またここに記載のある空港は、詳細に建物がある、P3D/XPでいうところの Add-on Scenery レベルのものが入っていると考えてよいでしょう。それ以外の空港でも、デフォルトで世界のほとんどの空港や飛行場が収録されていることは言うまでもありません。(ここからFSを始める方もいらっしゃると思うので、一応。今回、初めてコミュニティに参加した方をマウントオタクがいじめると言う、背中がゾックとするようなことがどうにか起きないことを願います。基本的にFS歴が長ければ偉いなどはありませんので。)

また気になる情報が出たら、書いていきますが、それは新規記事で書くと思います。

さて、私は何を買うか、とりあえず Premium Deluxe だと思うのですが、Xbox Game Pass (月額440円) の存在も忘れてはいません。ただGame Passの場合、Standardエディション一択そうです。

今回、公式発表としてシーナリー(地表データなど)はWiFiでデータを随時サーバから取ってくるというシステムになっています。確かダウンロードもできますが、すべてのデータをダウンロードするとペタバイトはくだらないそうです。
完全にオンラインゲームなわけですね。今までのFSは、サービスが終わっても、飛べることには飛べるというオイシイ特典がありました。これが見境なくアドオンを買いまくれるキッカケにもなるわけです。そこに制限のあるシムだとすると、どうお金を落とすのか迷うところです。まあ、始まったらどうせ見境なく欲しいものは買うんでしょうけど。という感じですね。

あと1カ月待てば、ようやく... みなさんで楽しみましょう。マルチとかあるのかな...?