2019年05月24日

カメラを修理に出します…

こんにちは。

ヒコーキを撮るカメラが欲しい!」ののち、 「ヒコーキを撮るカメラを買った!」となったのですが、このカメラが調子悪いので修理にだすことにしました。

ちなみに後者に関しては、まだ記事を公開してないので、また良きタイミングまでお待ちいただければと思います。本件の結果も含めてそちらの記事で確認していただければと思います。

eos6d2.JPG
「ヒコーキを撮るカメラを買った!」でもお伝えしますが、EOS 6D MarkUです。

問題は、アクセスランプが長く点滅することです。1000枚上撮影したときに、1〜2分間ずっと点滅してるんですよ。
CANONのお客様センターに何度か問い合わせたんですが、やはりそういったことは普通は起こらないということだそうです。

私はフォルダ移動なんかで(1000枚ごとにフォルダが分かれるんです)、その際ファイルを洗っているのでは?と思っていたんですが、そんなことはないと言われてしまえば、何か不具合があるということになってしまいます。

不思議なのが、このアクセスランプ点滅中のとき、写真が撮れないとか、プレビュー(再生)ができないとか、そういうのはないんですよね。
要するに普通に動くんです。

それと一度だけフリーズしたことがありまして、フリーズはその一度だけでしたが、そこからシステムが不安定になってしまったのかもしれません。

1年保証が切れてからでは、泣き寝入りですし、なんせ長く使っていきたいので、早めに修理に出してしまいます。

CANONはお客様相談センターが結構しっかりしていて、かなり頼れます。「販売店が渋って、ラチが開かなくなったらうちらの方に連絡してください、こっちでなんとかしますから」と、ここまで言えるのは素晴らしいです。
何度か電話しましたが、どの方も質が揃っています。

販売店は1ヶ月以内の不具合なら交換になるそうですが、このアクセスランプに関しては、こっちの望むタイミングで再現ができないのと、随分時間が経ってしまった(2ヶ月)ということで、流石に断られました。
しかしながら、問題の切り分けということで、SDカードを交換してもらいました。これもかなり助かりました。
結局、それでも起こってしまったので、販売店には悪いことをしたなという感じです。

いまやたらと忙しく、写真を撮りにいくと言っても近所になっているので、このタイミングで修理に出すことを決意しました。

大分の工場に一度戻され、点検になるそうです。ちょうどファインダーの中にゴミをつけてしまった(写真には影響ないのでいいんですが)ので、ついでにそれも除去してもられば良いのですが(笑)

修理後は、宅配とのことで、最高に心配なのですが(ヤ●トと言っていますが、そこでバイトしたことのある友人が言うには、割れ物でも投げまくっているとのことでしたw)、まあ我慢します。
せめて行きくらいは自分の手で持っていきます。

これで直らなくて、「結局レンズでしたぁ」みたいなオチであったらかなり渋いです(笑)
そうならないことを願います。

こっちとしては、もう交換してもらった方がスッキリするんですが(まあ直しようがなければらそうなるんでしょうけど)、直って長く使えればそれでいいです。20年元気にやって、大往生ならまあいいですよ。でもそれよりも先に壊れるのは納得がいきません。

こうクレーマーになりなくないのですが、どうにかしてもらわないと困りますし、現に変なことが起こっている以上、目を背けるわけにはいきません。

消費者って立場が難しいです。と言いつつも、高級ジュエリーを買って卒業式などで使って、返品するクソ野郎もいるみたいですから。ホント頭オカシイですよ(笑)
こう、切り分けが大変だと思います。

というわけでまた何かわかりましたら記事にしますね。と、個体固有の問題ですから、誰の得にもならない記事だと思いますが(笑)あ、でも修理の際の持ち物とかは誰かのためになりますよね。やはり事後報告はしましょうか。

それではまた。

2019年05月01日

FSMUSEUM ヒコーキ写真館 JETSTREAMER 開館!

こんにちは!
まずは新元号、令和となりました。あけまして(?)おめでとうございます。
新たな時代も皆さんと楽しくやれたらと思います。

また平成ではたくさんの方に出会い、お話できたことをうれしく思います。
FSMUSEM全体の訪問者は、平成最後の4月には6000ユーザにご来館いただきました。
開館当初より確実に大きな方々に来ていただいております。今後ともよろしくお願いします。

ぜひこのブログの記事を読んだ方、FSMUSEUMで資料を手に取られた方、ご気軽にコメントなどで共有できたらと思います(^^)


さて、FSMUSEUMの令和元年 初めての企画は、FSMUSEM 新別館として JETSTREAMER (ジェットストリーマ) を立ち上げたことです。

jetstreamer_entr.jpg
3月の後半に、ディジタル一眼レフを購入いたしました。もともとはミラーレスを借りて関西を一人旅していたときに、撮影をすたことが非常に楽しかったことが、カメラを始めたきっかけです。
カメラ購入の話は、こちら (書きあがっていますが、ネタがないときのストックにしているので、公開まで今しばらくお待ちくださいw)の記事でお楽しみください。

フライトシミュレーションの世界からリアルな世界に飛び出し、無限の空をさまざまな顔を見せながら織りなす、翼たちを捉えた写真を展示します。

アクセスはこちらから


また本FSMUSEUM BLOGでは、以前から更新が止まっていた旅行日誌「沖縄 久米島」編をこのGWで完結させます。
5月の記事数がえらいことになるのでその他の記事は、6月以降に公開していきます。
こちらも記事のストックがあるとブログ運営がやりやすいです(笑)


そうすると今度はFSMUSEUM本館の資料の更新が止まってしまっています。すいません(笑)
ネタがどうもなくて。。。

今はPMDGのSERVICE BASED FAILURESについて資料を作成しようかと思っています。
が、あっちに置く文章は、公式感のあるものをという基準を設けてアップしていますので、だらだら(ただでさえそういう文章を書きがちだし...)書くものは「はいこれはブログ行き~」という感じになっています(笑)
記事の作成もこっちのほうが簡単というのもあります(笑)
しかし2月以来資料の更新が止まっているのはちょっと問題だと思うので、なにかこの連休中に書きたいなと思っています。(あっちでもストックはじめようかな)


今回写真をアップしていて思うのですが、サーバー容量の制約という観点から、インスタグラムやTwitterも開設しようかなと考えています。そうするとサブとして、容量制限なくいけるかなと思うので。

また進展があったら報告します。
何より、新年代 令和も、FSMUSEUMをよろしくお願い申し上げます。
それではまた。

2019年03月13日

ヒコーキを撮るカメラが欲しい!

こんにちは。

完全な雑談です(笑)
春先、関西旅行に行ったときに、羽田から関空、千里川と写真を撮り続けていました。
私はカメラに関する知識も興味もなかったのですが、この時は松山の取材もあるという(松山ではなくても、空港の設備について参考になるものがあるのではないかという)ことで、カメラを借りて出ていたんです。

ミラーレスの一眼ということで、かさばることもなく、綺麗な写真をたくさん撮りました。
今まで、結局スマホではなんとなくの写真しか撮れないので、記念にという感じで数枚とる感じで、とても写真を撮るということが楽しいと感じることはありませんでした。
しかし、さすが一眼。持っていると自然と写真を撮るのに夢中になります。そして何よりも、"撮る"という行為がとても楽しかったのです。

また撮り終わった後に自宅のPCで取り込みをしていたのですが、意外とぶれていたりいまいちな写真がある中、「おー!」という写真があるときの喜びもあります。

若干PCで明暗や発色の調整をしてすぐさまPCの壁紙にしました。

また編集したら、アップしていきますね。ちなみにまだ羽田分のみですが、一部の写真はFSMUSEUMの本館のほうで公開しています。今後は、画素をできるだけ残した壁紙バージョンも用意したいです。

そんなこんなで、FSアドオンを一時我慢して、一眼レフのカメラへ資金を回したいと思います(笑)

それだけになってしまうと良くないとは思いますが、写真を撮る楽しみがあると、自然と外へ出かけたくなります。写真を撮りたくなると思うんです。そうすると体への健康にもよさそうです(笑)

私は、まったくカメラは詳しくないんです。レンズがボンボロボーンと出ていれば、一眼レフと呼ぶのだと思っていました。
ミラーレスというのも言葉しか知らなくて、レンズからの景色を全反射によって直で見て写真をとらえるというのが一眼"レフ"というのも知りませんでした。

最近は、ミラーレスも時間差がなくなり、より思い通りの写真が撮れるようになってきたんだとか。

で、そんな私がどんな機種を選べば良いのか、とても迷うのです。
もし皆さんの愛機があればぜひ教えてください。

それで、とりあえず参考にしようと思って思いたったのが、月間AIRLINEの200ページ辺りにある「ヒコーキ in FOCUS」です。
飛行機のフォトコンテストを連載形式で特集するページなのですが、このページには確か投稿者の機材とレンズが書いてあったと思いました。

見てみると大体NIKONかCANONです。
ド素人が、機材とその撮った写真を見て思うのはこうです。

NIKON・・・現場の状況を大変忠実にとらえている
CANON・・・多少オーバーな気もするが、被写体が際立って映る

NIKONは、その場所に行ったときの空気感がとてもよく伝わります。風景画を撮るときなんかは最高そうです。目でものそのままが写真になるという感じです。
CANONは、やや大げさにとれる感じがありますが、被写体があるとそれを中心に画にしてくれるような感じがします。写真を写真として撮れるカメラだと思います。

NIKONで特にいいなと思う機種は、D7500です。価格に対する性能の良さが決め手です。
「ヒコーキ in FOCUS」で、NIKONを使っている方は、D三桁台の、よいカメラを使っている人が多い印象です。ですのでもう少しエントリーモデルの写真の仕上がりも見てみたいです。
この前、D7500で撮影された787の写真が本コーナーに掲載されていましたが、いい写真だったのも決め手です。

CANONで特にいいなと思う機種は、EOS 6D MarkUです。センサーが最も大きいフルサイズのカメラで、とてもいい写真が撮れています。
「ヒコーキ in FOCUS」で、CANONを使っている方は、EOS 7D MarkUか1D X MarkUが多いです。最高機種というだけあって、EOS 1D X MarkUでとった写真は素晴らしく良いです。
ただし6D MarkU、予算をはみ出ます。悩みどころですね。

rjoo_1902_a.jpg
皆さんは、飛行機はどんな機種をお使いですか??
(私が借り物のミレーレス一眼で伊丹の展望デッキからとったボンバル&エンブラです)

また新たな趣味が増えそうです。(お金減るなぁ)
おいおいカメラテクニックも習得していきたいです。



...ついこの前、HDDの増設をしたのですが...思わぬ失敗をしたのでそれに関する記事を予定しています。関西旅行も記事にしたいです。相変わらず書きたいものはあっても、書く時間がなく恐縮です(笑)

それではまた!